せっかく筋トレをするなら、最小限の努力で最大限の効果を得たい。

マッチョになってモテるために、筋肉を付けるために、最適なトレーニングの回数について解説します。

sports-1344607__180

なぜ筋トレで筋肉が増えるのか?

筋トレをすることで筋肉が増える理由は、負荷に対して身体が適応しようとするから。

つまり、適応の必要が無いような負荷でのトレーニングをいくら行っても、筋肉は付かないのです。

そのため、同じ重量で、同じ回数で、いつも同じようにトレーニングをしていても、残念ながら筋肉は付きません。

前回よりも1kgでも重い重量でと、1回でも多く反復できるようにと意識してトレーニングをしないと、筋トレの効果は上がらないのです。

KK150404278215_TP_V1

筋肉を付けるためのトレーニング回数とは?

以上を踏まえて、最適なトレーニング回数の話をしますけど、およそ6回~12回というのが適切な回数になります。

これよりも少ない回数、例えば1回とか3回とかのトレーニングで、全く筋肉が付かないという訳ではありません。

しかしそういったトレーニングは、今持っている筋肉が最大限の力を出せるようにするためのトレーニング。

同様に、12回以上の高回数のトレーニングは、筋肉を付けるというよりは筋肉に持久力を付けるようなやり方。

厳密に言えば回数ではなく秒数で効果が区分けされるんですけど、1秒1秒カウントしながらトレーニングするのはかなり難しいです。

大きくずれることは無いでしょうから、回数で決めてしまって良いと思います。

fitness-1023270__180

適切な重量設定でトレーニングを!

当然のことながら、15回も20回も出来るような重さで、10回反復したところで効果はありません。

限界まで追い込んで6回~12回で終わるような、そんな重量を設定します。

ジムで本格的にトレーニングしている人の多くは、8回3セットまたは10回3セットが限界となるような重量を設定しています。

例えば今日は50kgで10回3セットに挑戦する。

クリア出来たら次回のトレーニングでは、55kgで10回3セットに挑戦。

クリア出来たら更に重量を上げて、クリア出来なかったら同じ重量で再挑戦。

このような形で負荷を上げていけば、徐々に扱える重さも増え、それに比例して筋肉も付いていくことでしょう。

ジムでトレーニングしている人は多いですけど、しっかりと結果を出している人、モテるような筋肉を手に入れることができている人はわずか。

結果が出ていない人の多くは扱う重量とか回数、負荷の上げ方がちゃんと出来ていないような気がするので、この記事の内容をしっかり理解してい、せっかくのトレーニングを少しでも効果的にしていきましょう。